昇龍園のお茶


収穫年度を分けて提示

お茶の新芽の成長スピードは、温度の足し算によって決まります。
例えば、気温が低い年は足し算がゆっくり進み、気温が高い年は速くなります。また、雨の多い年もあれば、少ない年もあります。毎年毎年気候によって成長具合は変わります。

お茶は、その年の気温・雨の量・肥料の吸い上げ具合・茶畑の場所など、さまざまな要素により風味も味も異なります。やや淡白な風味が好きな人もいらっしゃれば、コクのある味が好きな方もいらっしゃいます。味の好みは、人それぞれ。自分好みの味を見つけて欲しい。その思いから、収穫年度ごとに分けて貯蔵し、販売を続けています。

低農薬・有機栽培

昇龍園のお茶は、全て低農薬の慣行栽培と有機栽培で育てています。
有機栽培の茶畑は有機JAS認証を取得しており、油粕や魚粉肥料のみを使用し農薬・除草剤は使用していせん。低農薬・有機栽培それぞれの良さを活かし、栽培しています。


※慣行栽培…農薬や化学性肥料を使用しての栽培。通常栽培

Message

お茶の葉は、成長するときにうまみと渋みが同時に成長していきます。葉っぱの中には、うまみ成分がありますから、良いお茶はおいしくもあり、渋くもある。うまみ成分と渋み成分をおいしく出すためには、ちょっとしたコツが必要です。

昇龍園の煎茶は、パッケージにも65℃と書いています。あくまで目安の温度ですが「一旦お湯の温度を冷ましてくださいね」という私からのメッセージです。ぬるめのお湯で淹れることでうまみが出やすく、渋みが出にくくなります。時間はかかりますが、まずは一度、表記にしたがって淹れてみてください。その上で、お湯の温度や茶葉の量、お湯の量を調整しながらご自身の好みの味を探してもらえたら嬉しいです。


◎包装について
お茶は急激な温度変化と、光・空気に触れることで劣化が進みます。「購入していただいたお茶はおいしく飲んでほしい」その思いから、煎茶と紅茶はチャック付き袋のみとさせていただいております。また短期間で飲み切れる量をその都度購入いただいても送料負担の少ないよう、全てのお茶は送料が安価なメール便発送が可能です。(注意:容量の多いものはメール便不可です)なるべくご自身の消費量に合わせて茶葉をお買い求めいただければと思っています。

Information
お知らせ・ブログ

2022/1/13

肥料散布を始めました。

2021/4/7

和紅茶

2021/4/7

親子番茶

2021/4/7

煎茶

2021/3/18

ホームページを公開しました。